色見本

コスト面でも優れている

再利用で繰り返し使える

プリンター

オフィスなどで使用されるコピー機に使われているトナーの内、繰り返し再利用を行うためにインクを再充填したものがリサイクルトナーです。 外見的な特徴はコピー機メーカー純正のものと変わりません。それらのトナーを回収して業者が分解洗浄やインク充填を行い、顧客に再販売しているものがリサイクルトナーとなります。このため純正品とほぼ同じように使用することができ、その上でコストも再生品のためコストも安く済むというメリットがあります。 繰り返し利用できる回数には限度があり、メーカーにもよりますが通常は3回から5回程度の再利用が可能となっています。使用限度を迎えたものは、業者が無料で回収して処分をしてくれることが多く、手間が掛からず環境保護面でも優れているのがリサイクルトナーの特徴です。

欧米でも高い人気を誇る

欧米ではすでに市場に流通しているトナーの30%以上がリサイクル品を使用しており、リサイクルトナーは広く定着しています。環境先進国でもある欧米は、トナーの再利用に関しては非常に積極的であり、この流れを受ける形で日本でも近年人気が高まりつつあります。 今リサイクルトナーが人気の理由は、この資源循環型社会に適応した特徴だけではありません。コスト面でもリサイクルタイプは非常に優れており、新品のそれよりも50%から90%オフの価格で購入できるため、コピー機のランニングコストという面でも大きく貢献しています。 また新品と同様かそれ以上の保証を設けているメーカーも多く、初期不良の無償交換や不用となった空トナーの無料回収も当たり前となっており、これも人気の一因です。