色見本

海外からも評価される製品

即納型のプール方式も人気

プリンター

その仕組み上、リサイクルトナーは顧客から空となったトナーを回収する必要があります。その際に回収したトナーを再充填して、そのまま回収した顧客に渡すのがリターン方式、あるいは現物再生品と呼ばれるタイプのリサイクルトナーです。 もう1つの方式としてプール式、あるいは即納再生品と呼ばれるタイプもあり、近年はこちらのタイプのリサイクルトナーが人気となっています。プール式は事前に業者が空のトナーをストックしており、そのトナーにインクを充填して顧客に渡します。顧客は空のトナーに関しては納品された後に業者に渡せば良いため、トナーが必要な時にすぐに納品してもらえるというメリットがあります。 納品の早い業者ならば即日でリサイクルトナーを受け取る事ができるところもあり、評判となっています。

永久保証の製品も今後増加

純正品のトナーに比べて、リサイクルトナーを使用するにあたって懸念となりやすい点に互換性や故障率はどうかといった問題があります。仕組み上リサイクルトナーは純正品に比べて互換性などでいくらか落ちる点は止む得ません。 この不安を払拭するために、最近のリサイクルトナーは品質向上と同時に保証面でも永久保証を用意しているメーカーが増えており評判です。今後はさらに永久保証などの手厚い保証やサポートを用意するメーカーが増えると予測されます。 評判の高いメーカーの中には、トレーサビリティの徹底やサポートセンターを設置、専用の発送用外装箱を用意するといった品質向上に繋がる多くの取り組みが見られます。国内だけでなく海外からも日本のリサイクルトナーの品質は評判となっており、今後さらなる品質の向上が期待できます。