色見本

品質も年々向上している

上手な業者と製品の選び方

Female

複合機やプリンタメーカーが製造する純正のトナーと違い、リサイクルトナーの場合はその再充填を行っているリサイクルトナー販売業者が多数存在します。さらにリサイクルトナーの品質もまた業者ごとに違っており、上手な業者と製品選びが求められます。 そのためにできる工夫として、まず第一に実績の多い業者のトナーを購入することです。リサイクルトナー販売歴はどれくらいあるのか、有名企業などにも卸している信頼のできる製品を扱っているかなどが判断ポイントです。 第二の工夫できる点として、サポート体制がしっかりとしているリサイクルトナー販売業者から購入することです。リサイクルトナーは僅かですが相性問題が出たり、互換性に難があったりといたトラブルも起こり得ます。そういった万が一のトラブルにも対応できるサポート体制をも備える業者からリサイクルトナーを購入するのが理想的です。

レーザープリンタで需要増

レーザープリンタはインクジェットプリンタに比べて消耗品であるトナーの値段がやや高めとなります。しかし近年はリサイクルトナー販売が積極的に行なわれるようになり、安価なトナーを利用しやすくなったため、レーザープリンタ人気と共にリサイクルトナー販売も好調を推移しています。 これまではレーザープリンタは業務用がほとんどでしたが、最近は1万円前後のホーム用やSOHO用の安価なレーザープリンタも増えており、リサイクルトナーの需要は増しています。 またリサイクルトナー自体の品質も年々向上している点も見逃せません。これまでメーカー純正のトナーで無いと難しかった色具合も繊細に再現できるようになりつつあります。 リサイクルトナー販売が増え、人気となっている要因にはこのようにレーザープリンタの人気やリサイクルトナーの品質向上が大きく影響してます。

海外からも評価される製品

プリンター

トナーの回収、販売方式によってリサイクルトナーはリターン式とプール式の2つのタイプがあり、近年は納品が早いプール式が人気となっています。またリサイクルトナーは互換性や品質向上に多くのメーカーが取り組んでいます。海外でも日本のリサイクルトナーは評判となっており、今後もさらなる品質向上が期待できます。

» 詳細を読む

インクの自由度を上げる

色見本

プリンターに必要なインクは正規品と互換インクが存在していて後者は安くて利用者も増えていますが、普及した事で様々な種類と買い方も出来る様になっています。現状でこの互換インクは正規品に及びませんが品質の差は無くなりつつもあり、何れは安価な物と高価な物で別れる事も考えられるのです。

» 詳細を読む

コスト面でも優れている

プリンター

繰り返し再利用ができるのがリサイクルトナーの特徴であり、コスト面でも優秀です。さらに不用なトナーは業者が回収をしてくれます。欧米では高い人気があり、市場に流通する製品の3割ほどがリサイクルトナーです。日本でもコスト性や環境保護面でのメリットもあり、人気が出ています。

» 詳細を読む